<< ウミネコの声はかわいい〜w ブログ更新しました、フォトグラファーのおくがわじゅんいちですw | top | フォトグラファーのおくがわじゅんいちです。不定期更新もはなはだしいブログ更新しましたw >>

うっかり調子にのって(笑)書いてしまいましたが、ギリギリ8月のブログ更新です、今回は青森県は八戸編ですwフォトグラファーのおくがわじゅんいちです。


この線路の枕木に靴底を傷められながらも
ボクは永遠とこの単線を歩いた、、、そう、
夏と秋の狭間の、あの景色に出会うため。。。

数時間も歩くとこの辺り特有の天候の変化の
ためか暑さは次第に涼しさへと変わり、
空は雲に覆われた。
それと同時に不思議と緊張感が高まってきた。

夕方にさしかかろうという頃か、
遥か遠くの海の向こう、靄の切れ目から
あいつが姿を現した。ひんやりとした空気に
包まれながら近ずくことを待ちきれず
ボクはシャッターを押した。

という ここまでの話は、
なんと!!でたらめもでたらめポカーンネコ
実は妄想の暴走なのだ!お〜、なんというガーンネコ
はいは〜い、線路は歩いたら危険ですよ〜wあひょうパンダ

これは、八戸から福島まで約700km続く
トレイルコース、みちのく潮風トレイル
(旧東北海岸トレイル)の途中で見た風景...

と言いたいとこでしたが、、、
今度は、そうだったらいいなぁ〜という
欲望ポカーンネコ
はい、申し訳ございませんwあひょうパンダ

ということで、場もあたたまったところで、
ここからが本編のはじまりw
本当はね、東京から八戸へ新幹線で3時間、
そこから在来線で3時間、でも乗り換えの
連絡が悪く、結局は4時間半揺られ、
そこから車に乗り換え、たどり着いた先は

「さながら極楽浄土のごとし」

そう!岩手県は宮古が誇る「浄土が浜」、
先ほどの海の向こうに見える白っぽい岩
の写真になるわけであります。

この日は運が悪い事にかなりの雨、
しかし この天候で見る浄土が浜も
またおつなもの!と言いながら晴れてる
景色は写真でしか見たことないので
比べようもないわけですが。。。

実は今回、趣味や個人的撮影で
行ったわけではなく、八戸で、
レジデンス製作(長期滞在製作)している
作家さんの作品に自分も約10日間の滞在で
写真撮影という形で参加させていただいた
んですが、一日だけオフの日があり
出かけたんでありますw

真剣に撮影した八戸での写真は提出物なの
で公表はできないのですが、隙間でゆる〜く
撮った趣味の写真を何枚かど〜ぞw

まずは、本八戸の中心街のランドマーク?
 “チーノ(cino)"の階段が素晴らしい件!
おそらく“はちのへ”の“ちの”ではないかと
予想する。

そして、このレトロビル“チーノ”のシースルーエレベーター
から見える景色がこのビル(下の写真)だ!
この連携プレーのような見事なサプライズ、
まるで、うな重のご飯を箸で持ち上げたら、
ご飯の間に更にうなぎが挟まってるじゃないか!!
そんなところだろう!

ところ変わって、雨上がりの水たまりが
写し出してくれた鮫角灯台。(日本の灯台50選だぞ!)
こんな水たまり越しじゃなくて、ありのままを見たい!
なんて意地悪なこと言う方は自力で行きなさい。。。

蕪島の近くでソフトクリームといえば!
そう、バレンボイムを思い浮かべる人も多いと
思いますが、、ちがう!
バレンボイムは指揮者じゃないか!
正解は「ホロンバイル」。

ですが、このカラフルソフトクリームは
ホロンバイルとは関係ありません。
おかあさんが一人でスタンドカーを引いて
駐車場で販売していてたまたま買ったのですが、
行列の前に並んでいた女子が おかあさんに
「ずっと探してたんです!」と伝えていたので
名物なのではないかと予想します。
乗っかっているアイスクリーム部分が
更にド派手カラー!写真撮る前に溶けちゃいました。
溶ける前に写真撮れ!と自分に言いたい、
というか、写真撮る前に美味しいうちに
まず食べろ!が正解〜!


これは、八戸ポータルミュージアム「はっち」の
お隣にある憩いの百貨店「さくら野」店内の散歩ショット。


そして、
最後にこれ!
ななんと!ただのラーメンではございあせんよw
ここは八戸、八戸といえば?

はい!サバです!
そうなんです!『サバ出汁ラーメン』なのです!
サバ出汁初体験だったのですが、
これがまた丁寧に出汁とりしてるので、
うまいの一言!コクと香りがしっかりしているのに
さわやかな口当たりで気が付いたら、一滴残らず
汁をいただいてしまいましたw
市役所隣りの公会堂内にある「里山夢食堂」さん。
サバといえば、もう一つ衝撃の食べ物が!
「サバの冷燻」をご存知か!
インド人もビックリ!
というかボキがビックリだったよ、衝撃のうまさ!
そんな8月の八戸でした〜、どんな8月だよあひょうパンダ
oku--jun | 地方や海外のこと | 23:58 | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
ナポリタン、
ナポリタン、 (JUGEMレビュー »)
おくがわじゅんいち著
役に立つ情報がほとんど無いにもかかわらず濃過ぎる充実の内容(B6版オールカラー80P)
RECOMMEND
picnic 360°
picnic 360° (JUGEMレビュー »)
写真:おくがわじゅんいち
日々がピクニックな気分で10年間撮りためた写真たち。ショートムービーを観ているかのような192頁
RECOMMEND
breath
breath (JUGEMレビュー »)
yutaka hirasaka

photo:JunichiI Okugawa
RECOMMEND
RECOMMEND
Silence by Silence
Silence by Silence (JUGEMレビュー »)
(V.A.),Murohashi Takuya,SOLEA,Yamaan,masato abe,yutaka hirasaka

photo:JunichiI Okugawa
RECOMMEND
ブラウンダイアリー
ブラウンダイアリー (JUGEMレビュー »)
奥川 純一
一緒に生活を初めてからの5年間いろいろ。ブラウンの日常生活の記録。ブラウンダイアリーシリーズの記念すべき1作目。
RECOMMEND
ブラウンダイアリー・ゴールデン
ブラウンダイアリー・ゴールデン (JUGEMレビュー »)
奥川 純一
ちょっと成長したブラウン。沖縄での夏休みや、ヘアサロン体験、そして自分の写真展など、初めての挑戦がいっぱい。
RECOMMEND
ブラウンダイアリー・ボンボヤージュ
ブラウンダイアリー・ボンボヤージュ (JUGEMレビュー »)
奥川 純一
まさに、ボン・ボヤ〜ジュ!一冊まるまる北欧はデンマーク、そしてチェコの大冒険!
RECOMMEND
ブラウンダイアリー春夏秋冬
ブラウンダイアリー春夏秋冬 (JUGEMレビュー »)
奥川 純一
カラー写真の間に時々はさまるモノクロ写真が哀愁漂う雰囲気をかもしだす映画を観ているようなブラウンの春夏秋冬。
RECOMMEND
ブラウンは、晴天なり。 (MARBLE BOOKS)
ブラウンは、晴天なり。 (MARBLE BOOKS) (JUGEMレビュー »)
おくがわ じゅんいち
全編、SX-70と690で撮影されたポラロイド写真集。プライベート感にあふれた未発表のものを集めた写真集。
RECOMMEND
living soul vol.1
living soul vol.1 (JUGEMレビュー »)
DISCO 2

photo:JunichiI Okugawa
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH